0歳児のおもちゃはピープルの指先の知育シリーズがおすすめ!

baby-21098_640

イラスト
ピープルの知育玩具は、対象の月齢・年齢が細かく分かれています。

その中でも特に私の子供が気に入っていたのが、7か月の子供を対象とした、指先の知育シリーズでした。

 

とてもよくできており、どの玩具も子供がすぐに飽きることなく長く遊べました。

指先の知育シリーズという名前の通り、指先を使うおもちゃが多く、小さいものをつまんだり口に入れたりする7か月児は夢中になります。

 

そうして指先を使うことで脳が活性化されるとのことでした。

実際に、7か月頃からピープルの玩具を使い始めましたが、私の子供は比較的、指先を使うことが得意です。

 

着替え(ボタンをとめたり、自分でくつしたをはくこと)や、お箸の正しい持ち方等も、周りの子供と比べて早く身についたと感じました。

 

ピープルの指先の知育で集中力もアップ!?

また、小さいものを扱うということは根気がいるようで、パズルやドリルなどをさせても、集中力があるなと思います。

 

子供が大きくなってくると工作や料理等、どんどん指先を使う作業は増えてきます。

そういった時に集団でみると、きちんとできているので指先に気を取られず、先生の言うことや指示を落ち着いて聞けると感じました。

 

指先を使う知育玩具は多くあるのですが、ピープルの知育玩具は最初に書いた通り、子供が飽きにくいということで、子供自身が積極的に使用してくれるので身に付きやすいのではと思い、こちらの知育玩具をおすすめしました。

→ピープルの指先の知育シリーズはこちら

 
⇒知育玩具おすすめランキングはこちら