1歳の子どもには、手を動かすおもちゃがおすすめ!

boy-365695_640

イラスト
1歳といえば、ハイハイからつかまり立ち、更にはつたい歩きを始めるなど、めまぐるし成長の真っ只中にあります。

 

大人は視覚、聴覚、触覚を持って情報を得ますが、子供の場合は触覚、特に手から得る情報が重要なんだそうです。

手から受ける刺激は脳を活性化させ、子供に良い影響を与えます。

 

そのため、例えばごはんを食べる時でも手掴みをしたがるなら、なるべく好きなようにさせた方が良いそうです。

その説からいけば、手を動かして遊ぶ玩具は子供の脳を働かせ、知育に繋がると考えられます。

 

「エドインターの音いっぱいつみき」がおすすめ!

「エドインターの音いっぱいつみき」は、全てのつみきに音の鳴る仕掛けが施されたつみきです。

 

音が鳴れば子供の興味を引くことも出来ますし、どうすれば鳴るのか自分で考える力を育てることに役立ちますし、中が見えないつみきにはどんな仕掛けがあるのかを自分で想像する力も養われます。

 

また、最初は振って音を遊ぶだけだったのが、段々つみきを重ねて新たな物を作り出す遊び方に変わっていきます。

 

そうして遊ぶことによって創造力、何を作ろうか想像する力も培われます。

このつみきは木目が優しい雰囲気なので、見た目にも可愛いデザインです。

 

ベトナム産の天然木を使用しており、舐めるなど衛生面が心配な場合は、アルコールウェットティッシュや、トイザらスで販売している電解水を吹きかけて拭けば問題無いと思います。

 

手を使い、頭を使って遊べるつみきは子供の知育には最適です。

→「エド・インターの音いっぱいつみき」はコチラ