「ピタゴラス これなーんだ?」2歳のお子さんにおすすめの知育玩具です!

baby-174840_640
イラスト
「ピタゴラス これなーんだ?」は2歳のお子さんにお勧めの知育玩具です。

 

磁石が内蔵されたプラスチック製のブロックなので、2歳になったばかりのまだ手が小さくて指の力が発達していないお子さんも、ブロックが「ピタッ!」とくっつく感触に興味を持ち集中して遊べます。

 

2パーツでできる犬や車から、10パーツ以上使うロボットのような複雑なものまで、箱に見本の写真がついているので取組みやすいです。

 

成長とともに、見本にはないオリジナルの形を作り出す創造性がはぐくまれるでしょう。

4~5歳まで使っていく中で、遊び方の変化に子どもの成長を感じられます。

 

昔ながらの木の積み木のような長方形の単純なパーツよりも、1つだけ見ると「いったいどんなふうに組み合わせたらいいんだろう?」と思うようなユニークな形のパーツが多いです。

 

大人は少し考え込んでしまいますが、子供はためらうことなくいろんな組み合わせを試していきます。

 

子どもの柔軟な発想力に驚かされました。

 

「ピタゴラス」のおかげで片付けができるようになりました!

また、うちの子は片付けが苦手でしたが、「ピタゴラス」は箱の中のトレイにパズルのようにはめこんで収納する形なので、楽しんで片付けをする習慣が身に付きます。

 

現在3歳になってパズル遊びが大好きなのは「ピタゴラス」の片付けの経験からきていると思います。

 

なめたりかじったりしても安心なプラスチック製なので、衛生的に遊べるのも2歳の子に与えるおもちゃには大切なことです。

 

2歳は赤ちゃんから幼児への発達の境目で、興味の範囲のひろがりも、体の発達も著しいので、「ピタゴラス」のように2歳になったばかりの子どもから楽しめて、長い期間遊び方を変化させながらそばに置いておける知育玩具が良いと思います。

 

→「ピタゴラス これなーんだ?」はコチラ