4歳の息子に、学研のニューブロックをクリスマスプレゼントしました。

学研のニューブロックを動画で紹介

イラスト
4歳の息子に、学研のニューブロックをクリスマスプレゼントしました。

自分でいろいろ工夫しながらブロックを組み立て、乗り物や駅、駐車場など色んな物を作っています。

 

我が家では「おもちゃを買うのは誕生日とクリスマスだけ」と決めているので、ヒーローが持つ武器やアイテムを息子なりに工夫して作って遊んでいます。

 

子供というのはとても記憶力が良いものですが、テレビで一度見れば細かい部分まで覚えるようで、それらしい形にヒーローのアイテムや武器をを作ります。

 

学研のニューブロックで子供の工夫する力がアップしました

あれこれおもちゃを変え与えるより、あるもので工夫し、手先を使って作る、ということがとても子供には良いと思います。

また、ブロックが大きめなので、4~6歳の子供の手のサイズに丁度よい大きさです。

 

色や形も数種類あって、人の形をしたブロックも2つ入っていおり、組み立てた乗り物や建物で「ごっこ遊び」も出来ます。

想像力次第で動物や建物、乗り物、植物などバリエーション豊かに作れます。

 

また、足りないものは画用紙や色紙をセロテープでくっつけて足して、彼なりに考えながら作っているようです。

 

出来たものを私に見せて褒めてあげると、とても喜びます。そのため、幼稚園でも工作が好きで、自信にも繋がっているようです。

 

そうした子供の工夫する力を引き出し、見て覚えたものを形にすると言う考えて組み立てる力。想像力、出来上がった時の喜びなど、このブロックは良い影響を与えてくれます。

 

そのせいか、あまり新しいおもちゃが欲しいとは言わなくなりました。

→「学研のニューブロック」はこちら