「きらめき算数脳」でうちの子が楽しく数学力アップ!

boy-160168_640

イラスト
サピックス社が出しているピグマリオンシリーズを家でさせていました。

いまだと「きらめき算数脳」という名前になっているようです。

 

「きらめき算数脳」はゲーム感覚で出来るものが多くパズルや遊びながら思考力がつくように構成されています。

 

間違い探しをしたり、どの組合わせで買うと一番安くなるか、迷路するなどといったことをしながら、数学力と思考力がつくように構成されています。

絵もカラフルでとても見やすいですよ。

 

「きらめき算数脳」をはじめようと思ったキッカケ

子供の通っている幼稚園は小さいうちに色々なことを体験させるという教育方針で漢字、漢文、短歌、和歌、詩の暗唱、七田の教育等を取り入れて100玉そろばんを使った計算もしていました。

 

わが子はその中で算数的なものに興味があったのか年長でなぜか繰り上がりの計算が暗算できていました。

そこで試しに九九を覚えさせたらすぐ覚えたのです。

なので、何か家で色々やらせてみようと書店で見つけたのが「きらめき算数脳」の教材でした。

 

年長で小学1年用をやらせてみた所、面白かったのかとってもはまり、その後、たくさんの同じ種類の教材買って遊び感覚でしていました。

 

私自身注意したことは、あくまでも暇な時にさせるという感じで強制はしませんでした。

子供の興味、能力に合わせて年齢に関係なく合った教材を用意するよう心がけていました。

 

そのおかげもあってか!?わが子は算数、数学とも成績がよかったです。

高校も普通科ではなく理数系の学校に進み、楽しそうにしています。

→きらめき算数脳はこちら