砂粘土が脳の刺激によいと聞いて、軽度の発達障害の息子と遊んでます。

イラスト
軽度の発達障害があり、現在特別支援学級にて通学の息子一年生に砂粘土を購入しました。

 

知育と言うことで、あんふぁんだとおもいますが、掲載されており購入しました。

脳の刺激によいとされており、かんしゃくがある息子の情緒安定の為にと思いました。

 

実際使ってみて、母親の私が精神安定の為に触っています。

振れた感触が、さらさらしていてとても癒されます。

 

下の息子年長も喜んで使っています。

幼稚園児童には、とてもよい知育玩具とおもいます。

 

精神安定に子供と一緒に砂遊び

イラスト
型にはめたりして、しっかりと形を作れるので、幼稚園年少さんなんかの、年代からも、できた!と思える作品作りができるはずです。

 

親も一緒に遊びたくなり、親子のスキンシップにもなりますね。

粘土スペースを確保してあげて、やらせていますが、半年位になりますが気に入ってやってますね。

 

特別支援のお友だちも連れてきて、何やら穏やかに遊べるときも?

キャッチフレーズにある様に、脳によい刺激を与えてくれていたら、母親としては嬉しい限りですけどね。

 

四歳から六歳、情緒の発達、安定に態勢な時期。

子どもとの、スキンシップ、心の発達に重要な年代と考えても、この砂粘土は、知育玩具としてよいアイテムとお勧めしたいです。お試しあれ!