年齢に合わせて遊べるレゴブロックがやっぱり知育玩具としておすすめ!

レゴブロック2

イラスト
4~6歳におすすめの知育玩具はレゴです。

ブロックの知育玩具の中でレゴは一番長く遊べると思います。

手先も器用になり、想像力も身に付くと同時に集中力もつき、何より飽きないと感じます。

 

うちの子供は2歳頃から3歳向けの基本セットの赤いバケツを使い始め、6歳になって6歳向けのピンクの基本セットを購入して、遊び続けています。

 

中身は同じサイズのブロックなのでブロックが増えてますます作れるものも増えて遊び方も増えるし、何よりレゴは親も一緒に遊べるので、子供にとっても親にとっても楽しめるおもちゃだと思います。

 

レゴブロックで手先が器用に、そしておかたずけも覚えました

イラスト
ブロックの組み合わせ次第でいろんなものが作れるし、買い足せば色も豊富なので作りたいものは無限だと思います。

 

家や乗り物一つ作るだけでも毎回違うものができるし、セットの中の人や動物によってオリジナルの物語も生まれます。一人で遊ぶこともできるし友達と遊ぶこともできるし、重宝しています。

 

最初は自分でうまくブロックが組めなくてブロックが外せなかったけれど、だんだん指先の力もつくようになって自分の作りたいものができるようになると子供もますます楽しく遊べて、6歳になると小さなパーツも器用に扱えるようになって成長が目に見て実感できます。

 

そして片付けもバケツに入れるだけなので子供にとって片付けも遊びの一つとなって最後まで楽しめます。

→レゴブロックはこちら